人生

すごく嫌いな人は自分に似ている?無関心になりきれない憂鬱。

投稿日:

すごく嫌いな人は自分に似ていると感じることはありませんか?

嫌いなら無視すればいいのに、なぜか相手に無関心になりきれず気にしてしまい、嫌いだなと思う感情でストレスを感じます。

自分が嫌いな人はなぜ自分に似ていると感じるのかを、私なりの偏った視点で考えてみました。

嫌いな人に見えるのは自分の嫌な部分

「同族嫌悪」という言葉があります。

すごく嫌いな人と自分は同族であり、自分の嫌な部分を見ている気がして嫌いと感じてしまうのです。

よくよく考えると、すごく嫌いな人というのは自分と同じ趣味を持っていたり、同じ目標があったりと、自分に似ている人間ではないでしょうか?

自分と同じ感覚を持つ人間であれば波長が合うことも多いですが、自分の嫌な部分を持っている人の場合は嫌悪の感情が勝ってしまいます。

特に普段は意識していない自分の嫌な部分を相手に発見してしまった時、激しい嫌悪を抱くでしょう。

自分が蓋をしている自分の嫌な部分を、強制的に見せつけられている気がするからだと思います。

嫌いな人に見えているのは自分の嫌いな部分そのものだと信じたくないため、その負の感情が「嫌い」という感情になってしまうのでしょう。

嫌いな人に無関心になれない理由

本当にすごく嫌いなら相手を無視すれば良いのに、なぜ無関心になれないのでしょうか。

それは、嫌いな人に見えているのは自分自身だからです。

自分と似た感覚や興味を持ち、自分の嫌な部分と同じ嫌な部分を持っている人、それは悲しいけど自分にとても近い人です。

自分に似ている人だと無意識に感じているから、無関心になりきることができなくて気にしてしまいます。だから、よりストレスが溜まるんですよね。

すごく嫌いな人なのにいつも気にしてしまって、気にすればするほど自分の嫌いな部分を見せつけられているように感じて、ますます嫌いになるという負のスパイラルが起きます。

嫌いな人と上手に関わる方法

30代になって白髪が増えてきた...アラサー女子の切実な悩みとどう向き合う?

すごく嫌いなのに自分に似ているから無関心になれない場合は、無理に無関心になろうとせずに上手に距離を取るのが良いと思います。

その嫌いな人の中に見えるのは自分の嫌な部分。

それなら、その人をうまく利用して自分の嫌な部分を少しでも改善していくようにすれば良いのではないでしょうか。

自分の嫌な部分がなくなっていけば、徐々にその嫌いな人への関心が薄れます。その人の中に自分が見えなくなってくるからです。

無関心になれれば、すごく嫌いな人でもストレスを感じることが少なくなります。

「自分を好きになる」ということは、嫌いな人を作らない方法でもあるかもしれませんね。

-人生
-,

Copyright© 非恋愛体質女子の考察 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.