友情 恋愛

男友達を家に呼ぶのは危険?信頼してるから呼ぶ女子と期待しちゃう男子

投稿日:

単なる男友達、家に呼ぶだけだったら何も起きないはず...そんな風に考えていませんか?

どんなに信頼している男友達でも、家というプライベートな空間に呼ぶとなれば、誤解を与えてしまう可能性があります。

友達だから安心して家に呼ぶ女子の心理と、家に呼ばれたら期待してしまう男子の心理を、私の視点で考察してみました。

女子が男友達を家に呼ぶのは何もないと思ってるから

女子の立場で言わせてもらえば、男友達を家に呼ぶのは「彼とだったら何もおきない」と信頼しているからに他なりません。

中には男友達と大人の関係になりたい女子もいるかもしれませんが、ほとんどの女子は単なる友達の一人であって、この人ならまさか変なことはしてこないだろうと安心しきっているから家に呼ぶのです。

反対に遊び人の男友達や、勘違いしてしまいそうな男友達なら家に呼ぶなんてことはしません。

たまには家でまったり飲みたいから、節約したいから、ご近所だからなどの理由で、下心なく男友達を家に呼ぶのが女子の考えです。

▶︎ ★業界最安値級★ あなたの悩みに効く本格占い【トーク占い(LINE公式運営)】

反対に家に呼ばれた男友達は期待しちゃう

一方で、家に呼ばれた男友達は、相手が女友達であろうが期待してしまうでしょう。

  • もしかしてこの子は俺のことが好きなのかな?
  • 家に呼ぶってことは体の関係もOKということ?

と、あらぬ妄想をすることでしょう。

ウキウキしながら、女友達の家の玄関を上がるのです。仲の良い友達関係なら、告白を通り越してもう恋人気分で家にやって来る可能性もあります。

男友達を家に呼んでお茶するくらいなら、お互いに理性があるので何も起きないケースも多いでしょう。

しかし、2人でシーンとした中DVD鑑賞をしたら?お酒を飲んで酔っ払ったら?飲みすぎてそのまま寝る体勢になっちゃったら?

何かがきっかけで理性がなくなり、体の関係を求められる可能性はゼロではありません。

シラフの状態なら絶対しないようなことも、お酒が入ると気が大きくなってしてしまうことはよくあることです。

ちょっとキスくらいならいいかな、ハグくらいしても...と許していると、どんどんエスカレートして結局体の関係を持ってしまった!ということもありえます。

友達と言っても、やはり男女ということに変わりはないのです。

男友達とベッドで一緒に寝るのは合意のサイン?腕枕やバックハグからエスカレート

気のおけない男友達だから、ベッドで一緒に寝るのも大丈夫?そんな風に思っていませんか? 普段は冗談しか言わないような中の男友達とも、一緒にベッドで寝ることになれば状況は変わります。夜の行為の合意のサイン ...

何かあったら友達の関係に戻れなくなるかも

一度男女の関係になってしまったら、相手がいくら仲の良い男友達でも元のような関係に戻るのは難しいです。

どちらかが相手を異性として意識してしまうだけで、もうそこには男女の友情はなく、恋愛感情が介入してきてしまいます。

友達だった関係はギクシャクし、最悪の場合は友達からセフレになってしまう可能性も。体の関係から始まる恋愛は、うまくいかないものです。

体の関係を持ってしまった場合、女性の方が引きずってしまうケースは多いです。一夜だけの関係だったと割り切ることができずに、相手の男友達にどんどん惹かれてしまうのです。

そうなると辛くなるのは女性の方です。ノリで体の関係を持ってしまったばかりに、自分が苦しむことになるかもしれません。

お互いの気持ちがはっきりしないうちに、家というプライベートな空間に男友達を呼ぶのはリスクのある行為なのです。

男友達を家に呼ぶならある程度覚悟しておこう

男友達だから大丈夫と安心して家に呼ぶ前に、本当にその相手を家に呼んでいいのか?どうしても家じゃなきゃダメなのか?もう一度考えてみましょう。

軽い気持ちで男友達を家に呼んだら、相手はそれ以上の関係を期待してたという展開になっては困りますよね。

家に呼ばれた男性がいろいろ期待してしまうのはしょうがないことです。友達とは言え、女性のプライベートな空間に入れてもらえるわけですから、自分は特別なのかな?と勘違いするのも無理はありません。

なお、海外では「家でNetflix一緒に見る?」は、「今日うちでそういう行為する?」という誘いの文句でもあるそうですよ。

男友達を家に呼ぶなら、相手に勘違いされる可能性があること、夜も一緒に過ごすなら体の関係を求められるかもしれないことは覚悟しておきましょう。友達とは言え、男女であることに変わりはないことをお忘れなく。

▶︎ ★業界最安値級★ あなたの悩みに効く本格占い【トーク占い(LINE公式運営)】

-友情, 恋愛
-

Copyright© 非恋愛体質女子の考察 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.