恋愛

30代がデートする頻度や付き合う前のデートの回数はどれくらい?

更新日:

若い頃なら付き合うまで時間がかかる恋愛も良いですが、30代になったら理想は置いておいて効率よく恋愛・結婚と進みたいですよね。

自身の経験から30代がデートする頻度や、付き合うまでの回数を私の視点で考察してみました。

30代のデート頻度は?

高校生や大学生で時間がたっぷりある時は、毎日のようにデートすることも珍しくないですよね。

しかし、同棲でもしていない限り、30代で毎日デートしているカップルはほとんどいません。30代にもなれば仕事が忙しくなり、毎日デートしている暇はないでしょう。

30代のデートの頻度は週に1回程度が目安です。

付き合う前は週末に1度デートしていて、付き合ってからは週末と週中に1回ずつ、週に2回になったというカップルも多いでしょう。

私は毎週楽しみにしている趣味がありますし、好きなように過ごしたいプライベートな時間も欲しいので、週1程度のデートが望ましいと30代にして思います。

土日の両方をデートで占拠されると少し疲れてしまいますね。

逆に毎日デートしようと頻度を無視して頻繁に誘ってくるような相手(男性、女性に関わらず)は、暇を持て余していて仕事にも趣味にも打ち込んでいない人という見方ができてしまいます。

30代が付き合う前のデートの場所選び

学生のように毎日デートできないからこそ、30代が付き合う前のデート場所選びは重要になってきます。

特に付き合う前はお互いにまだ知らない部分がたくさんありますから、どちらかの趣味に偏ってしまうことのないよう、両者が楽しめるデート場所を選びましょう。

カフェ

付き合う前の30代のデートで一番おすすめなのは、カフェデートです。特に1回目のデートは、のんびりしたカフェで会話を楽しむと良いでしょう。

1回目のデートはお互いに相手のことをもっと知りたいと思っています。そのためには落ち着いて話せる場所が必要です。

カフェなら明るい雰囲気の中、リラックスして会話を進めることができるでしょう。夜の食事や飲みと違って、下心なく誘えるのもカフェデートのメリットです。

1回目のデートでカフェを利用するなら、数時間のデートに留めておくのが次のデートへつなげるコツです。

もうちょっと話したかったなくらいで留めておくと、次のデートの約束が取りやすくなりますよ。

スイーツ好きな女性とのデートなら、ホテルのアフタヌーンティーがおすすめです。雰囲気も素敵なので、1回目から思い出に残るデートになるでしょう。

一休.comでアフタヌーンティーができるホテルを見る

映画館

カフェデートだけだと少し物足りないと感じる人におすすめなのは、映画館デートです。

映画館デートは年代問わず、そして付き合う前、お付き合い中問わずいつでも有効なデート場所として人気があります。

付き合う前の30代デートなら、ハリウッドの人気作品やヒューマンドラマなどが良いでしょう。

コテコテの恋愛映画は、女性の立場としては避けたいです。

映画の感想を言い合う時に考えが違ったら気まずいのに、恋愛映画ではたいてい異性と違う感想を持つことが多いからです。

ディズニーランド・ディズニーシー

付き合う前の30代デートでも意外と楽しめちゃうのがディズニーデートです。

遊園地はアトラクションの待ち時間が長いから無言になりがち、とよく言われていますが、30代なら無言でも居心地が良いと思える相手を見つけたいですよね。ディズニーデートはそのいいきっかけになります。

私は付き合う前にディズニーデートをしたことが2回あります。どちらも話すことがなくなって気まずかったということは全くありませんでしたよ。

30代カップルが付き合うまでのデートの回数は?

付き合う前のデートの回数、つまり告白するまでのデートの回数は30代なら3回程度が一般的でしょう。

30代の恋活・婚活は効率性も重要なポイントとなります。

あまりに何も進展しないままデートするだけの関係が続くと、キープされているのかな?と女性は感じたり、私に興味がないのかな?と思うでしょう。

付き合うことができるかどうかは3回のデートでわかる!

30代の恋活・婚活では、相手にピンと来なければ2回目のデートまでたどり着きません。

忙しいですし時間が限られているので、無駄なことに労力と時間を使いたくないと考えるからです。

2回目のデートの約束ができた時点で、1回目のデートで好印象を残せたことがわかります。

2回目のデートは少し長めに一緒に過ごしても良いでしょう。私なら2回目のデートはドライブやピクニックをしたいなと考えます。

2回目のデートが終わって3回目のデートの約束ができたなら、付き合えるのはほぼ確定と思って良いでしょう。普通は好意のない男性と3回も2人きりでデートはしません。

3回目のデートでは、夜景が見えるレストランやバーなどロマンチックな恋人向けの場所を選ぶと告白の勝率が上がります。

ドラマチックな告白シーンは不要なので、落ち着いてお付き合いしたいということを告げればほぼOKをもらえるでしょう。

一休.comでおしゃれなレストランを探す

【東京駅】夜景レストラン12選!安いところから個室でプロポーズ対応まで

東京駅にデートで行くなら、夜景の見えるレストランに連れて行くと女子は無条件に喜びます。 普段ロマンチックなことにあまり興味がない女子でも、夜景の見えるレストランに行くとなったらテンションが上がるもので ...

1回のデートを大切に・連絡はこまめに

3回目に勝率の高い告白デートまで持っていくには、1回1回のデートを大切にしましょう。

やらなければいけないことは単純で、「この人とまた話したいな」と相手が思えば良いです。

30代で仕事が忙しい生活を送っていると、1週間に1度会えないこともあるかもしれません。例えば2回目と3回目のデートの間が2週間空いてしまう時は、LINEでこまめに連絡を取るようにしたいです。

連絡がないと不安になると同時に、その相手への興味もだんだん薄れていきます。

もし恋活・婚活を同時に進めている女性だったら、連絡がマメじゃない男性はどんどん予選落ちしていくのです。

1回1回のデートを思い出に残るものにし、こまめに連絡をとってフォローしていくことがお付き合いに発展させるのに重要となります。

これは男性、女性のいずれにも言えることです。

付き合ってからのデートの頻度は話し合いを

晴れてお付き合いできることになったら、付き合ってからのデートの頻度や回数もそれとなく話しておくとベターです。

例えば彼氏は仕事が忙しくて週1回のデートがちょうど良いと考えているのに、彼女は派遣社員で時間があるから2日に1度は会いたいと考えていたら、2人のお付き合いの間合いがかみ合わなくなってしまいます。

付き合い始めはお互いに燃え上がっているので多少デートの数が増えるのは構いませんが、お互いのプライベートな時間を侵してしまわないよう、冷静な期間に入ったらデートの頻度はだいたい決めておくと安心です。

ここで特に女性が注意したいのは、話し合ったデートの頻度を強制にしないこと。

例えば週1くらいで会いたいねと決めたとしても、忙しくて10日会えないことがあるかもしれません。週末は基本的に会おうと決めても、家族の予定や友達との外せない約束が入るかもしれません。

その時に「週1で会うって約束したよね?」「週末はデートするって決めたよね?」と相手に怒ってしまうと、相手はプライベートに侵略されたように感じて不快に思ってしまいます。

デートの頻度や回数はあくまでも目安であって、達成しなければならないものではないことを念頭に入れておきましょう。

30代のデートは質が大切

デートの頻度や回数は愛情の量と比例するものでもありません。

週末に会えないことが続いても、1回のデートが濃厚で大切にされていると感じられるなら、それが2人の愛情の強さを表します。

30代のデートで大切なのは頻度や回数ではなく、デートの質ということです。

デート場所選びにはこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

30代のデートは何する?アラサー女性が喜ぶデート場所やプラン

若い頃とはちょっと違ったデートをしたい!そんな風に考える30代カップルも多いのではないでしょうか。 20代でも30代でもデートの場所はほとんど変わりません。しかし30代は金銭的な余裕があるので、若い頃 ...

-恋愛
-, ,

Copyright© 非恋愛体質女子の考察 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.