友情

友達に誘われないのは自分だけ?原因と誘われるための方法

更新日:

自分だけ友達に誘われない気がすると思ったことはないでしょうか?

  • 気がついたら自分以外の友達だけで遊びに行っていた
  • 友達に誘われるのはいつも最後でおまけみたいに扱われている

など、自分の知らないところで友達同士が遊んでいたら傷つきますよね。

友達から誘われないのは自分だけだと感じた時に考えたい、友達から誘われない人の特徴と誘われない原因と友達から誘われるための方法を私の視点で考察してみました。

友だち幻想 (ちくまプリマー新書)

友だち幻想 (ちくまプリマー新書)

菅野 仁
799円(11/19 00:49時点)
発売日: 2008/03/06
Amazonの情報を掲載しています

友達から誘われないのは自分だけ?

自分の知っている友達同士が自分抜きで遊びに行くことを聞いてしまったり、実は集まっていたことを後で知った時はショックですよね。

「自分だけ誘われなかったのかな?」と感じてしまいます。

すでに友達同士で会う予定が決まっていて、最後のタイミングで自分にも声がかかった時は、自分はおまけみたいなものなのかな?と感じることもあるでしょう。

配慮が足りない友達だと、自分が参加していない集まりの時にわざと連絡してくることがあります。「今みんなでいるんだけど時間あったら来る?」と自分だけ誘われていないことを強調するような言動です。

このような経験をすると、友達から誘われていないのはもしかして自分だけなのかな?とさらに切ない気持ちになるでしょう。

友達から誘われない人の特徴と原因

同じグループや仲良しの集まりに所属しているのに、友達から誘われない人と誘われる人の違いは何でしょうか。

そこには自分に原因があるものと、周りから思われているイメージに原因があるものの2種類の原因があります。

友達から誘われない人の特徴と原因を考察してみました。

配慮が足りない

性格的にキツイと思われている人や、デリカシーがないと思われている人は友達から誘われにくいです。

何をする時もマイナス発言ばかりしたり、人を上から見ているような人は、一緒にいて楽しくないと友達が思うでしょう。

遊びの約束をする時も「あの人がいたら楽しくないな」と自然に拒否反応を示してしまい、誰も誘いの言葉をかけてくれないようになるのです。

計画に参加しない

旅行に出かけるなどの時に、計画に参加しない人は誘われなくなります。

全てが他の人に任せっきりで、自分はただついてくる人。そして、計画に参加してもないのに何かにつけて文句を言う人は、遊びを計画した方からすれば不快な人でしかありません。

一緒に計画を練ってくれる友達なら、出かける前から楽しいですし、次も誘いたいなと思いますよね。

遅刻魔

1度や2度遅刻してしまうのはしょうがありません。しかし、毎回友達との約束に遅刻するような人は、そのうち友達から誘われなくなります。

「あの子を誘うと計画が狂うから」「30分や1時間待たされて時間が無駄になるから」と友達の間で噂話されている可能性もあります。

遅刻して相手を待たせることはとても失礼ですよね。自分が待たされることを考えたら、遅刻魔の人を誘いたいとは思わないでしょう。

友達がたくさんいると思われている

社交的な人や交友関係が広い人にありがちなのが、友達がたくさんいると思われているのが原因で誘われないことです。

「いつも誰かと遊んでいて忙しそう」「遊ぶ友達がたくさんいそう」と思われている人は、こちらから誘っても既に予定が入っているだろうと思われて、友達から誘われないという現象が起こります。

一人が好きと思われている

一人旅をしたり、一人でグルメスポットを巡ったりするのが好きな人は、友達から一人が好きな人なんだと思われて誘われなかったりします。

一匹狼のオーラを出している人も、友達から誘いにくい人のカテゴリーです。

誘う側の人だと思われている

いつもいろんな友達に声をかけている人は、誘う側の人間だと思われて、実は友達に誘われにくいです。

やりたいことがあれば向こうから声をかけてくるだろうと友達に思われているので、友達が自発的に誘うことをしないからです。

「何も言われなかったから興味がないのかと思った」と、友達が勝手に判断してお声がかからないということもあります。

友達から誘われるための方法

友達からなかなか誘われない人が、友達に誘われるようになるためにはどうすれば良いのでしょうか。

友達から誘われない原因は、誘われない人の性格によるものが大きいです。

しかし、すぐに性格を変えるのは難しいですし、既に友達にはこれまでの性格の印象がついてしまっているのでイメージを変えるのはさらに難しいですよね。

自分から誘う

友達と一緒に遊びたいなら、誘われることを待つのではなくプライドを捨てて自分から誘うようにするのが一番です。

待つ人間になるのではなく、まずは積極的に動く人間になりましょう。友達なら誘いを受けてくれるはずです。

自分から誘っても何度も断られるようなら、それは嫌われていますので友達と呼べる相手ではありません。

遊ぶ時は誘ってと言う

友達とやんわり旅行の話をしたり、美味しいものを食べに行こうという話をした時は、「行く時に誘ってね!」と軽く伝えておきましょう。友達ならその言葉を思い出して誘ってくれるはずです。

自分から「今度◯◯しようよ!」と誘うのも良い方法です。具体的な日程が明らかになっていなくても、その話題を出した時にその場で行きたい意思を出したという事実が大切なのです。

遊ぶ時はとことん楽しむ

友達と遊ぶ時はマイナス発言や上から目線はせずに、友達と一緒にいることをとことん楽しむ姿勢が重要です。

「この子といると楽しいな」「また一緒に遊びたいな」と思ってもらう人になるのです。

自分の神経すり減らしてまで友達と遊ぶ必要はない

友達に迷惑をかけているわけでもなく、自分からも遊びの誘いをしているのに、いつも仲間はずれにされているなと感じる時は、その友達グループとの関係を続けるかどうか考えた方が良いでしょう。

自分だけが傷つき、友達の顔色を伺って遊びに誘ってもらうのを待つようなら、その友達は本当に信頼できる友達ではない可能性があります。

友達とは特にこちらから何も言わなくてもお互いに理解でき、波長が合う人のことを言います。そうでないなら、一緒にいるけど実は波長が合わない人なのかもしれません。

友達から誘われないことが原因で自分の神経がすり減るなら、無理してその友達と遊ぶ必要はないでしょう。

-友情
-,

Copyright© 非恋愛体質女子の考察 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.