友情

フレネミーになってしまう原因と対策!友達に縁切りされないために

投稿日:

世の中には友達のふりをした敵「フレネミー」がいます。でも、もし自分が「フレネミー」になってしまうとしたら?

友達からこの人とは距離を置こうと思われてしまいます。

知らないうちに友達に縁切りされないために、フレネミーになってしまう原因と対策を私の視点で考察しました。

フレネミー
気をつけろ!フレネミーに出会って心得た特徴と対処法

「フレネミー」という言葉を聞いたことがありますか? フレンド(friend=友達)+エネミー(enemy=敵)でフレネミー(frenemy)。 一言で言ってしまえば、「フレネミー」とは友達のフリをした ...

フレネミーになってしまう4つの原因

フレネミーになってしまう人には原因と特徴があります。

知らず知らずのうちにフレネミーになってしまい、友達に縁切りされることがないように、フレネミーになる原因を知っておきましょう。

何でも上下関係をつけたがる

フレネミーはどんな関係でも、上下関係をつけてマウントを取りたがります。友達関係であっても、「この子は私より格下」と自分が優位に立ちたいからです。

子供の頃に受験戦争に巻き込まれた人や、いつも誰かと優劣をつけられるような環境にいた人は、それが原因で無意識に人に順位をつけている可能性があります。

あの子は私より○○と、友達関係に上下や順位づけをしてマウントを取っていませんか?それはフレネミーになってしまう原因の一つです。

実は自分に自信がない

フレネミーのような歪んだ人間になってしまう人は、実は自分に自信がなくどこかで劣等感を抱えています。

  • 私はあの子より劣っている
  • 私にはこれが足りない

自分に自信がない部分があるからこそ、それを持っている人に嫉妬心を抱き、相手を蹴落とそうとしてしまうのです。

自分に自信がなかったり劣等感を抱えている人は、それが原因でフレネミーになってしまうことがあります。

嫉妬深い

フレネミーの特徴として、とにかく嫉妬深いということが挙げられます。

  • 自分より優遇されている人が許せない
  • 自分が一番じゃないと気が済まない

自分に自信がないのとは裏腹に自分が一番になりたいので、人間関係に優劣をつけ、自分がトップに立とうと思うのです。

嫉妬は誰しもが持つ感情ですが、嫉妬する相手に嫌がらせをしてしまうのがフレネミーの特徴。その原因は自分に自信がないことの現れなのでしょう。

嫉妬深い人の見分け方と対処法...一緒にいるとこっちが傷つく厄介な人
嫉妬深い人の特徴と心理。傷つく前に取るべき対処法とは?

世の中には驚くほど嫉妬深い人がいるものです。 醜い嫉妬はされる方が傷つき、消耗しますよね。 嫉妬深い人とは関わりたくないから事前察知できる能力があった方が良いです。 嫉妬深い人の見分け方と嫉妬深い人に ...

自分は特別だと思い込んでいる

フレネミーは自分は特別な人間だと強く思っています。自分は特別な人間だから、他の人より優位に立つべきだと考えているのです。

子供の頃に甘やかされて育ったり、あなたは特別と言われて育ったことが原因で、自分を特別な人だと思ってしまう人もいます。

自分の人生は他の人のように平凡じゃないと、自分だけが特別なように感じていませんか?それぞれの人生が特別なものであり、自分だけが特別ということはありません。

フレネミーになってしまったら友達に縁切りされるかも

フレネミーの歪んだ性格を知ると、たいていの人は距離を置きたいなと思うようになります。そのうち縁切りされ、友達でなくなることも。

フレネミーとは面倒くさい人なので、逆の立場で考えれば縁切りされても仕方ないとわかるはずです。

上記のフレネミーになる原因に当てはまりそうな人は要注意。自分が気づいていないだけで、友達にはフレネミーだと思われているかもしれません。

友達にフレネミー認定されてしまったら、最悪の場合縁切りされて友達でいられなくなってしまいます。こんな悲しいことはないですよね。

以下の項目でフレネミーにならないための対策をご紹介します。

フレネミーにならないための3つの対策

フレネミーにならないためには、自分は特別だという意識をなくすことが大切です。

自分が優位に立ちたいという考えは捨てる

自分は特別な人間だから他の人よりも優位に立ちたいという考えは、友達関係においては必要ない考えです。

一緒にいて居心地が良いから友達になり、対等な関係で話ができるから、悩みを相談したり喜びを分かち合ったりできるわけですよね。

自分の方が友達の上に立って、友達をコントロールしたり見下してマウントを取るようなことはやめましょう。

自分と他人を比較しない

自分と他人を比較してしまう癖がある人は、その癖を直すことがフレネミーにならない対策に繋がります。

自分と他人は全く異なる人間で、比較したところで相手になれるわけではありません。相手と比較することで、ネガティブな嫉妬の感情が出てくる原因にもなります。

自分は自分、他人は他人でそれぞれ良いところがあります。友情においては友達と比較するのではなく、友達の良い点を見つけたら見習うなど謙虚な姿勢も大切です。

友達のことを詮索しない

SNSの発達でよりプライベートなことが知れるようになった今、友達のあれこれを知りたいと思う人は多いです。しかし、友達のことを深く詮索するのはやめましょう。

友達のことを詮索する癖がついてしまうと、友達のことを何でも知っていないと気が済まなくなります。そのうち友達のプライベートにズカズカと割り込むようになり、友達は息苦しくなってしまうでしょう。

友達のことを知りたい気持ちはわかりますが、プライベートとの境界線は守ることがフレネミーにならないための対策の一つです。

フレネミーにならないために

嫉妬の感情は誰でも持つものです。しかし、それが歪んでしまうとフレネミーになってしまう原因にもなります。

友達にフレネミー認定されてしまったら、縁切りされて友情が崩れてしまうことにもなりかねません。

フレネミーにならないためには、自分が優位に立ちたいという考えを捨てることが大切。

自分は自分、他人は他人で、それぞれの人生が特別なものなのです。

-友情
-

Copyright© 非恋愛体質女子の考察 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.