恋愛

くだらないと女子が密かに思ってる男子の自慢話6選

投稿日:

男性は自慢の多い生き物です。

女性に「自分はすごいのだ」とアピールすることで、人生の手ごたえを得たり、承認欲求を満たしたりできるのでしょう。

しかし、男子の自慢話というのは9割方の確率でとてもつまらないです。

生き生きと話をする友達や彼氏の横で微笑みつつも、心の奥で「つまらない話だなぁ」と思っている女子多数。中にはつまらないだけでなくウザい!と思う自慢話も。

実は女子がとてもくだらないと感じている男子の自慢話を、過去の経験から私なりの偏った視点で考察してみます。

過去のスポーツ自慢

今の話でなく子供の頃の話をしてくる男性って多いですよね。その中でも多いのはスポーツ系の自慢話

  • 県大会に出た
  • 学校の駅伝大会で優勝した
  • 運動会のリレーの選手だった

今は見せられないけど、かつてはスポーツ得意だったんだぜという過去の栄光を自慢したいようです。

県大会にお出になるくらいの実力であれば、それなりにスポーツ得意だったんだろうなと想像できますが、学校で一番程度のエピソードで自慢できるものなのかしら?と思ってしまいます。

さらにはリレーの選手だったことを自慢してくる強者も。リレーの選手なんてクラスから数人選ばれてますよね?

不良だった自慢

昔ワルだったことが、男性的にはかっこいいことなのでしょうか。中高生の時に不良だった自慢をする男性も多いように思います。

  • 学校で一番のワルで学校でやんちゃしてた
  • 隣の学校で一番の不良が俺のこと見に来た

女子としては「はぁそうですか」としか言いようがありませんが、話をしている本人はやんちゃだった俺イケてる!と思ってるのでしょうね。

たまに警察沙汰になったことを自慢する男性もいますが、私ならそんな男性と今後関わりたくないですね。

不良に一目置かれてた自慢

不良だったわけではないけど、不良にも認められてた俺自慢をしてくる男性もいます。

普通の奴らの中で唯一不良と対等に話せる立場だったアピール。

不良にもひるまない俺かっこいいだろ?と言いたいのでしょうか。何を自慢したいのかは不明です。

寝てない自慢

仕事が忙しくて全然寝ていないなど、寝てない自慢をする男性がいます。多くの女子が「ウザい」と感じる、男性の自慢話です。

たくさんの仕事を頼まれる俺ってすごいだろ?俺の人生って充実してるだろ?と言いたいのでしょうか。

「寝る時間がないほど忙しいなんて、仕事ができないだけなんじゃないの?」

働く女子は心の中でそう思っています。

さりげないモテ自慢

男性は基本的に自分がモテると思っていたいようです。だから、どんな男性でも無意識のうちにモテ自慢を織り交ぜてきます。

  • 同じクラスの女の子にずっと片思いされてた
  • 2人から同時にアプローチされた
  • デートに誘われてる

男性のモテ自慢はさりげないですが、わかりやすいです。

俺がモテるのは当然だろ?と共感するように言われているような気がするのは私だけでしょうか。

仕事デキる自慢

男性は仕事で評価されていることを非常に重視するので、仕事デキる自慢は欠かせません。仕事がデキる男=かっこいい大人の男というのは間違いないですからね。

  • 大きなプロジェクトのリーダーに抜擢された
  • 社内から引く手あまたで仕事量が多く困ってる
  • 同期の中で一番早く出世してる

会社の中のことは女性がわからないと思って、盛って話をしている男性もいるかもしれませんね。

本当に仕事がデキる人は自慢なんかせずに、仕事に邁進すると思います。

男子の自慢話は適当に聞き流そう

男性の自慢話は、女子の立場からしたらつまらないものが多いです。あまりにくだらない自慢話はウザいと思ってしまうこともしばしば。

友達や彼氏から男子の自慢話を聞かされた時は、適当に相槌を打って受け流すのが得策です。それが一番早く自慢話から解放される方法です。

男子の自慢話につっかかるとムキになって反論されて気まずい空気になりますし、褒めすぎると調子に乗ってどんどん自慢話をしてきます。そうなると苦しむのは女性です。

男子の自慢話は適当に聞き流しましょう。

-恋愛
-

Copyright© 非恋愛体質女子の考察 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.