恋愛

もうダメかも...。彼氏との関係が危うい時にすること・してはいけないこと

更新日:

ラブラブな時期もあったのに、「なんだか彼氏が自分に冷めている気がする」「彼氏ともうダメかもしれない」と思う時、ありますよね?

女子が「彼氏ともうダメかも」と思っている時は、彼氏の方も「彼女とはもうダメかもしれない」と感じているものです。

彼氏との関係が危ういと感じた時にするべき行動と反対にしてはいけないことを、私なりの偏った視点で考察してみました。

彼氏ともうダメかも・・・と感じる瞬間

男女の関係はいつ変化が起こるかわかりません。

あんなにラブラブに過ごしていた時期があるのに、1シーズン変われば2人の関係が冷めたものになってしまうことはよくあることです。

「彼氏ともうダメかもしれない。」と女子が感じる瞬間はどんな瞬間でしょうか。

連絡頻度が減った

毎日のように彼氏とLINEで連絡していたのに、連絡を取り合うのが3日に1度になり、そのうち1週間に1度になり・・・彼氏と連絡を取り合う頻度が減った。こうなるといくら誰でも彼氏との関係が冷めてきたことがわかりますよね。

連絡内容も当たり障りのないことになってきて、彼氏の近況を知らないなと思うことが増えた時、「私たちの関係はもう終わりなのかな?」と感じることがあります。

会う頻度も減った

連絡頻度が減れば当然、会う頻度も減っていきます。

1週間に1度は週末にデートしていたのに、今じゃ会うのは3〜4週間に1度。これじゃ遠距離恋愛と変わらないなと思うこともあるでしょう。

会う頻度が減るというのは、彼氏・彼女にとって相手の優先順位が低くなったことを意味します。

デートしてもつまらなそう・つまらない

せっかく会うことができても、デート中の彼氏がつまらなそうな時、彼氏が自分への興味がなくなったと悟ることができます。

反対に、彼氏と久しぶりに会えたのになんだかつまらないと自分が思う時も、「この人への興味が薄れてきてるのかな?」と彼氏との恋の終わりを感じさせるきっかけになります。

今までなら心躍る相手と会っているはずなのに楽しくない時は、その人と一緒にいることへの意味が薄れている証拠です。

彼氏の嫌なところばかり気になる

大好きな彼氏なら、嫌なところが目に入らないというのは本当です。普通なら気になることも、相手に恋をしているとサラリと流せてしまうのです。

しかし彼氏への気持ちが冷めてくると、彼氏の些細なところが気になったり嫌な部分が目に付いたりするようになります。

それまで気にならなかった彼氏の嫌なところが気になり、それに対して不快感を抱くようになった時、「この人は自分の相手ではないのかも」と感じるでしょう。

もうダメかもと思った時に彼氏にしてはいけないこと

「彼氏ともうダメかもしれない」と思った時、女子は焦ってあれこれ行動を起こしがちです。

しかし、関係を修復したいなら焦りは禁物。彼氏と元の関係に戻りたいと考えるなら、少し我慢の時期を過ごしましょう。

LINEを送りすぎない

彼氏の方が気持ちが冷めている場合、焦って「なんで連絡をくれないの?」「会いたい」とLINEで連絡しすぎるのはやめましょう。

気持ちが冷めてきた彼氏にLINEを送りまくると、彼氏はさらに遠のいていきます。

かと言って全く連絡しないでいるとそのまま自然消滅となる恐れあり。

彼氏とこれまでのように仲良しに戻りたいなら、3日に1度や1週間に1度などタイミングを見計らって、会う約束をこぎつけましょう。対面でのコミュニケーションに持っていくのが重要です。

怒らない

彼氏が冷たいからと言って、彼氏に怒りをぶつけるのはご法度です。

彼氏の彼女への気持ちが冷めてきているなら、彼氏に怒るのではなく彼氏と冷静に向き合って、関係を修復する方法がないかを考えるようにしましょう。

彼女の怒りが入った時点で関係は終了します。

そっけなくしない

彼氏への気持ちが冷めてきているのが彼女の方の場合、LINEやデート中に彼氏にそっけなくなってしまいがちです。

しかし、彼氏にそっけなく接してしまって彼氏との溝が深くなってしまうと、関係がさらにこじれてしまいます。最悪別れることになってしまった場合にも、後味の悪い別れ方になってしまうでしょう。

連絡する頻度や会う頻度が減るとついそっけなくなってしまいますが、そんな時こそ愛情を持って彼氏に接しましょう。

彼氏ともうダメかもと思った時にする行動

「彼氏ともうダメかもしれない」と思った時に、するべき行動はただ一つ。

お互いに思いやりを大切にすることです。

LINEやSNSだけでは彼氏の気持ちを読むことはできません。彼氏の気持ちを知るには、実際に彼氏と会って話をすることが重要です。

彼氏と会った時は、お互いに思いやりの気持ちを忘れないで接するようにしましょう。悲しさや怒りなど負の感情を持たずに、穏やかに接するのです。

思いやりを持って相手に接すれば、相手に不快な感情を与えたり傷つけたりすることがなくなります。

彼氏の気持ちが離れていっているなら、自分の存在の大切さに気がついてくれるかもしれません。自分の気持ちがなくなりそうなら、彼氏の良い面や素敵な面を再認識することができるかもしれません。

それでもダメなら縁がなかった

彼氏との関係修復を考えて思いやりを持って接しても、彼氏の心は離れていくばかりな時、それは諦め時です。

「もうダメかも」と思った1度目は、お互いの思いやりで元の関係に戻すことができます。

しかし、2度目以降の危機は乗り越えるのが難しいです。無理に関係を継続させたとしても、いずれ同じ問題にぶちあたる時がきます。

何度も「もうダメかも」と思う彼氏なら、根本的に合わない相手の可能性が高いからです。苦しいばかりの恋を強いられる相手とは、縁がなかったと諦めるのが良いでしょう。

▶︎ 真面目な出会いを探すなら『ペアーズ』
pairs2

-恋愛
-, , ,

Copyright© 非恋愛体質女子の考察 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.