この人のことが本当に好きなんだなと実感する瞬間5選

この人のことが本当に好きなんだなと実感する瞬間5選

付き合っている彼氏がいる時、幸せな瞬間はたびたび訪れます。

今回はそんな幸せな瞬間の中でも、この人のことが心底好きなんだなと実感する瞬間5選を、私的な偏った趣味と考察でまとめてみました。

気づいたら相手のことを考えている

Advertisement
付き合っている期間が長くなれば、愛情はあっても徐々に相手のことを考える時間は減るものです。

しかし、本当に大好きな彼氏と付き合っている時は、気づいたら相手のことを考えています。仕事中に相手が何しているか気になってぼーっとしたり、休みの日はLINEがこないか一日中そわそわしたり・・・。

私いつも相手のことを考えているな、と気がついた時に、「私はこの人のことが本当に好きなんだな」と感じるはずです。

不安になる

こう言っては失礼ですが、そこまで好きでない彼氏と付き合っている時は、不安になることなんてありませんでした。

・彼氏がいつも何しているか気になってしまう
・連絡がないと不安
・他に好きな人ができてしまうのではないかと不安

など、彼氏のことを思い出す時に同時に不安に襲われるようにになった時、この人のことが本当に好きなんだなと気がつきました。

本当に好きでない彼氏なら、相手が何をしているか、相手に嫌われてしまうのではないか、という不安は起こらないんです。

嫉妬する

不安になるのと同時に、本当に好きな彼氏と付き合っている時は、ささいなことでも嫉妬します。

彼が会社の人と飲みに行くと言えば、「そこに女の人はいるのかな?」と考えたり、彼が昔訪れたことがある場所の話をすれば「元カノと行ったのかな?」と元カノに嫉妬してしまったり。

そこまで好きではない彼氏だったらこんな嫉妬しなかったのに、私のことが好きじゃない男なんていらないわと思っていたのに。本気で人を好きになると、嫉妬という醜い感情も浮き彫りになります。

他のことの優先順位が下がる

好きな人ができると、他のことに手がつかなくなってしまうという人も多いのではないでしょうか。他のことの優先順位が下がってしまうのも、相手が好きゆえのこと。

例えば、

・女友達との誘いを断って彼氏に会いに行く
・週末はジムに行っていたのに、ジム通いをやめて彼氏とデートするようになった

など。彼氏ができたことで、友達付き合いが悪くなるという人もいます。

他のことの優先順位が下がり、彼氏のことに関する優先順位がトップになった時、この人のことが本当に好きなんだなと気がつきます。

朝一緒に目覚めることに幸せを感じる

この人が好きだと最も感じる瞬間は、朝一緒に目覚めることに幸せを感じるときです。

彼氏と朝まで一緒に過ごして、同じタイミングで目覚めるのは至福のとき。そのままベッドから出たくないと思っちゃいますよね。

朝目覚めたときに隣に彼がいて、「おはよう」と朝一番の言葉を交わすことができるのは、この上なく幸せな瞬間です。このときに、私はこの人が大好きだ!と誰もが実感するはずです。

恋愛カテゴリの最新記事