フレネミーに気をつけろ!フレネミーに出会って心得た特徴と見分け方

フレネミーに気をつけろ!フレネミーに出会って心得た特徴と見分け方

「フレネミー」という言葉を聞いたことがありますか?

フレンド(friend=友達)+エネミー(enemy=敵)でフレネミー(frenemy)。

一言で言ってしまえば、「フレネミー」とは友達のフリをした敵です。

実際にフレネミー関わってしまったら、心が疲れることがわかりました。できることならフレネミーとは関わらないほうが良いです。

不運にもフレネミーと出会ってしまった私がフレネミーの特徴と見分け方・フレネミーの対処法を、偏った視点で考察してみました。

フレネミーとはこんな人!フレネミーの特徴とは?


人生長く生きていると、いろんな人に出会うものです。

そんな中でも厄介なのがフレネミー。

世の中にはこんなにしたたかで嫉妬深くて付き合いにくい人がいるのかと、大人になってからの人間関係を面倒に思わせる奴がフレネミーです。

極度に嫉妬深い

Advertisement
フレネミーの最大の特徴は、極度に嫉妬深い人であるということです。

フレネミーが生み出す悪事の根幹にあるのは全て嫉妬。

フレネミーは人より常に自分が優位でないと気が済まないのです。

だから、フレネミーは人が幸せそうだったり、成功していたりするとそれに嫉妬します。

  • なんであの子が私より幸せそうにしているわけ?
  • なんだあの子が私より注目されているの?
  • なんであの子が私よりもいい位置にいるの?

フレネミーは異常に嫉妬し、友達を蹴落とそうとしてきたり、はたまた自分が友達の位置に取って代わろうとしてきたりするのが特徴です。

その考え自体が恐ろしい。

いろいろ詮索してくる

フレネミーは対して仲良くもないのにいろいろ詮索してきます。

  • 昨日どこに行ったの?
  • 誰と会ってたの?
  • そこには誰が来てたの?
  • どういう流れでそこに行くことになったの?

そこまで仲良くないのに何故あなたに全て話さなければいけないの?と思うほど、いろいろ詮索してくるのが特徴。このフレネミーの行動で、フレネミーに対してかなりの警戒心を持つ人が多いはずです。

フレネミーがなぜ人のことをいろいろ詮索してくるかと言うと、自分は友達関係の全てを知っていたいから、そして自分がいないところで何かおもしろいことが起きていることが許せないからです。

心が歪みまくってますね。

友達に好かれてるアピールする

フレネミーはとてもめんどくさい人なので、実は友達が少ないです。本人がそれに気がついているかどうかは不明です。

友達が少ないにもかかわらず、フレネミーは友達が多いアピールをしたり、友達に自分が好かれている、自分の宝は友達です的な発言をします。

時にはそこまで仲良くないにも関わらず、「私たち何でも話せる親友だよね」というようなビックリする発言をしてきたりするのも特徴です。

相手を否定する発言をさりげなく入れてくる

Advertisement
フレネミーはとても嫉妬深いので、人の幸せが大嫌いです。

厄介なのはフレネミーは相手を全否定するのではなく、さりげなく否定発言を混ぜてくることです。さりげなくというのが特徴。

さりげなく否定発言を挟むことで、より嫌味に聞こえることもフレネミーは計算済み。

例えば、A子が絵のコンクールで最優秀賞を取り、B子が優秀賞だったとします。フレネミーにとってのターゲットがA子だったとした場合、フレネミーはみんなの前で

「B子の絵ってすごいね。他の誰よりも才能があるって感じ。私が絵を勉強することになったら是非B子から習いたい。」

とA子の最優秀賞には触れずに、わざと次点であるB子を褒めるのです。

フレネミーは本当にB子がすごいと思っているわけではなく、最優秀賞を取ったA子に嫉妬しA子の才能を否定してA子を傷つけたいだけなのです。

本当に厄介な人ですよね。

目上の人には全然態度が違う

フレネミーはある意味世渡り上手な特徴も持ち合わせています。

自分より下にいてほしい人に対しては、さりげなく否定したり蹴落としたりするような発言をしますが、目上の人や尊敬している人にフレネミーはとことんゴマ擦りをします。

目上の人をべた褒めするような発言をしたり、プレゼントでご機嫌を取ろうとしたりするので、目上の人にとてもいい子なのではないかという印象を与えるのがうまいです。

人の悪口を言う時に生き生きしてる

フレネミーは本人がいないところで人の悪口を言うことがよくあります。実はみんなの悪口を言っているのです。

友達が誰かの悪口を言っている時の顔が生き生きしていたら、フレネミーの可能性があります。

フレネミーは人を蹴落とすのが大好きですから、人の悪口を言っている時はフレネミーが輝く燃えてくる瞬間のようです。

フレネミーの見分け方


フレネミーは至るところに存在します。

職場や学校、ママ友グループの中など、日常生活で関わらなければいけない人たちの中に混ざっているのです。

フレネミーのターゲットにされてしまうと、とても疲れます。

フレネミーは一見友達のフリをして言葉巧みに近づいてきますので、フレネミーと気がつかないと「この子は私のことが嫌いなのかな?」と思ったり、フレネミーの言葉にいちいち傷つく可能性があります。

フレネミーはいろいろと詮索してくるので、フレネミーにエネルギーを吸い取られるのです。

「この子といるとなんか疲れるな」と思う友達は、フレネミーの可能性を考えましょう。

職場フレネミーの見分け方

職場フレネミーの場合、

  • 会社から認められたい
  • 自分が一番だと上司から思われたい

という承認欲求が色濃くなります。

フレネミーよりも良い成績を残していたり、会社から注目されているような人は周囲にフレネミーがいるかもしれないので要注意です。

いつもランチに誘ってくれる同僚が関係ないはずの自分の仕事の状況を探ってきたり、上司に取り入っている瞬間が見えたら、それはフレネミーの可能性があります。

学校フレネミーの見分け方

Advertisement
学校フレネミーは、学校で自分より人気者である人が許せないのが特徴です。

  • いつも友達の中心にいるけど実は親友がいなさそうな子
  • 人の悪口を言うことで友達とつながっている子

はいませんか?

学校での友達との関わり方を見抜くのがフレネミーの見分け方の第一歩です。

ママ友フレネミーの見分け方

フレネミーの中でももっとも厄介と言えるのが、ママ友フレネミーです。

ママ友の世界はただでさえ閉じられた世界で嫉妬や羨望が渦巻いています。

そんな中フレネミーのターゲットにされてしまうと大変。あることないことを他のママ友に話している可能性があります。

ことあるごとに自分と他人を比べてランク付けしたり、幸せそうな人を見ると蹴落とすような発言をする人は、ママ友フレネミーと見分けられるでしょう。

フレネミーの対処法・あしらい方

では、フレネミーに出会ってしまったらどうすれば良いのか。フレネミーの対処法やあしらい方を学びましょう。

職場や学校で関わる必要がなく、フレネミーとの関係を切れるのであれば、徐々に疎遠にしていくのがベターです。

嫉妬してくる人と言うのは、本当に一緒にいて疲れます。嫌味を言われて傷つくのは自分なので、フレネミーからは離れた方が良いでしょう。

しかし、すぐに人間関係を切ってしまうのはなかなか難しいケースも多いと思います。

フレネミーは仲良しグループの中にいたり、コミュニティが一緒だったりする場合も多いので、フレネミーとだけ関係を切るということが難しいからです。

そんな時はフレネミーの対処法を知り、上手に関わるようにしましょう。

フレネミーの対処法1:フレネミーを持ち上げる

Advertisement
フレネミーと関わらなければいけない場合は、フレネミーを持ち上げる対処法を取りましょう。

フレネミーの欲望は「人より優位に立つこと」です。

であれば、適当にお世辞の言葉を並べてフレネミーに優位と感じさせてあげましょう。

私はフレネミーが嫉妬を抱くような対象じゃないよということが伝われば、少なくともフレネミーのターゲットにされることはありません。

フレネミーの対処法2:フレネミーの発言をスルーする

コンクールや大会など順位が決まってしまう場面でフレネミーよりも良い結果を残してしまった時は、嫌味を言われることもあるでしょう。

そんな時はフレネミーの言葉をスルーしましょう。嫌味に反応するとフレネミーの思う壺だからです。

嫌味に対する負の反応が返ってこないと、フレネミーとしては肩透かしを食らったようになります。肩透かしを食らわせまくって、こちらがフレネミーをコントロールするのです。

フレネミーは自分を傷つける人で大切にする必要はありませんから、スルーしたり無視しても問題ないでしょう。

フレネミーに気をつけて

フレネミー

フレネミーは嫉妬深くて嫌な奴です。ハッキリ言いますが、フレネミーは友達ではありません。

フレネミーは徐々に本性をあらわしてきます。

フレネミーだと気がついたらその人の顔をよく見てみてください。口元が歪んでいたり、目が笑ってなかったり、人相に嫌な奴というのが出てしまっています。

フレネミーと接しても疲れるだけ。できるだけ関わらないようにするのが得策です。

友情カテゴリの最新記事