自分の存在価値がないと感じてしまった時のきれいごと抜きの考え方

自分の存在価値がないと感じてしまった時のきれいごと抜きの考え方

たまに人生にこの波がやってきます。「自分がいなくても世の中の誰も困らないのではないか」と。

こう考える時はたいてい何か原因となる出来事があるものです。

自分の存在価値がないと感じてしまった時の対処法を、私なりの偏った考察でまとめてみます。

自分の存在価値がないと感じる出来事

Advertisement
「自分には存在価値がないのではないか」「自分がいなくても世の中の誰も困らないのではないか」と考えてしまう場合、たいていの場合はその考えの原因となる出来事があります。

私の場合は独身なので、何かでセンチメンタルになることがあった時に家庭がある人を見るとなおさらそう感じます。

パートナーや子供がいれば、私がいなくなって困る人がいるのは明らか。でもパートナーや子供がいない場合、私がいなくても困る人っていないんじゃないかと考えてしまうのです。

センチメンタルになる原因は様々です。何のために日々頑張ってるのかわからなくなる時、自分に自信がなくなった時、誰かに自分のことを悪く言われた時、人からないがしろにされた時など。

ネットに落ちてる精神論系は性に合わない

私は、存在価値がないと感じてしまった時にどう頭を切り替えるかを指南した、精神論系の記事をよく読んでいました。

自分が誰のために貢献できるのかや、自分にできることを全力でやるなどと、精神論系の記事には書いてあります。

初めの方は納得して読んでいたのですが、どう考えてもこういった精神論的なものは自分の性には合わない気がするのです。

というのも、すでに自分は誰にも貢献できないと思っているから悩んでるのに、そこをもう一度考え直せと言われたり、自分にできることを全力でやったところで何も価値を見出せないから悩んでるのに、何も解決に向かっていないと気がつきました。

つまりこういう精神論系のものは、一旦脳と心を落ち着けるためだけのもので、解決策ではないと思ったのです。

そもそも存在価値はないと割り切る

例えば私が家庭を持っていたら、私が並外れた才能の持ち主だったら、仕事で重要なポストを担っていたら、多いに存在価値はあったでしょう。私がいなくなって困る人も大勢いたはずです。

しかし、現状自分がそのような状況にいない場合は、割り切ります。

自分にはそもそも存在価値はないと、割り切ってしまうのです。

存在価値なんて見出さなくても良い、自分が楽しければ良いと思うことにしました。

自分が楽しければ自分が自分に存在価値を見出せる気がするのです。

この世からいなくなって世界が回らなくなる人はいない

Advertisement
誰だってこの世からいなくなったら悲しんでくれる人はいるはずです。家族、仲の良い友人、馴染みの店の人、散歩でよく見かける人、etc…

しかし、この世からいなくなって世界が回らなくなる人はいないです。

どんなに重要なポストについている人が亡くなっても、世界は普通に回り続けます。

だから、最終的にはみんな同じ。誰が亡くなっても世界は困らないと思うと気が楽です。

落ち込みたい時はとことん落ち込む

存在価値を見出せなくて落ち込みたい時は、とことん落ち込むのは良い手法です。

数日落ち込んでいると、存在価値を見出さなくてもいいかと思う日が戻ってきます。

存在価値を見出さなくても良いという考えに至れると、楽に生きていくことができますよ。

人生カテゴリの最新記事